人気ブログランキング ハイやったの生活

2021年06月10日

「コロナワクチン接種」受けたらこうなった。体験 副反応 対策 知識

ワクチンは怖いものなのか実際の体験談を紹介
・体験者 高齢者施設で働くSさん
男性、やや肥満でLDL値がやや高いが
特に大きな問題はない(談 医師)
飲酒・煙草習慣無し、特に大きな疾患無し
通常体温35.5~36.5°血圧正常値
受診時に歯科、皮膚科受診中(軟膏のみ、服薬なし)
スタンダードプリコーション実施
副作用を体験のため配布された鎮痛剤カロナールは使用拒否

・事前情報
インフルエンザワクチンと相性が悪い人が迷う事が多いがコロナワクチンでは大丈夫だったという実例もあり一概に言えない。
副作用としてはアナキラキシーショック、各種痛み、かゆみ、下痢、倦怠感、熱等がある。
筋肉の痛みは炎症による痛みなので程度はあるが心配はない。
ファイザー/ビオンテック社製mRNAワクチン臨床試験結果では下痢発生率はワクチン接種群とプラセボ〈偽薬〉接種群で同等つまり臨床ではワクチンでの下痢は立証されてていない。
接種後の副作用の重症化率とコロナの重症化率ではコロナのほうが重症化率が高く完治後の副作用も重度。
コロナ完治後も味覚が戻らない、倦怠感、臭覚異常、痺れ等の後遺症が残るという報告がある。
自己免疫疾患がある方はかかりつけ医に事前相談。
mRNAを使うのは人類史上が初めてなので解らない事も多いただどんな薬も副作用があるのも事実。
・新型コロナウイルスワクチン
(ファイザー/ビオンテック社のmRNAワクチン)とは

SARS-CoV-2表面に突き出たスパイクタンパクの設計図=mRNAを免疫細胞に覚えさせウイルス来襲時感染を阻害する。
mRNAは体内で数十秒後から分解され数日で完全になくなる。
よく弱いコロナを打ち抵抗力をつけると言うがどちらかというと部品の一部を打ち抵抗力をつける
そのためワクチンからコロナにかかることはない。
むしろこの一部の部品で副作用体験できた人は本来のウイルスはもっと怖いと自覚できるのではないだろうか。
・副作用対策
発熱や頭痛に備えて解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンを用意する。
鎮痛剤を用意する。
事前に医師に相談。

体験記
3月
コロナワクチン接種希望者名簿作りのため名簿に記入した
施設掛かりつけ医療機関(病院ではない)の医師が行うとの事
場所は施設内で行う

5月
予診票(クーポン付、1回目6月10日と2回目の2枚)と接種記録簿届く
5月下旬
施設の高齢者の第1回ワクチン接種を開始した
Sは担当になった2人の高齢者の付き添い介助
準備として前開き服の着用、直前バイタルチェック、様子観察
ベッドまたは車いすを指定場所に並べ上着左肩から肘まで下げ左肩上部に注射がすぐに打てるようにする。
5月~6月
濃厚接触者との関係がある同じチームの同僚2名が休む。
濃厚接触者の陰性判定やPCR検査を受けその後復帰した。

6月初旬
Sの1回目接種(10日)中止の連絡が事務からある。
この時期に高齢者の大規模集団接種を相次いで自治体が発表しておりそちらに回ったのかなぁ等と思ったが定かではない。
ついてない。
6月9日
休暇でラックリしていると施設より腰痛で休む人がいるのでシフト変更してくれとの連絡。了解して電話切るとすぐにまた電話が鳴る。またシフト変更か?と思って取ると
「10日ワクチン接種するかもしれないので予診票忘れないで」との連絡受ける。
明日で「かも」って・・・

6月10日(接種決定日)
早番対応、4時起床。睡眠時間5~6時間。起床体温36度
早番多忙と気温27度で汗びっしょり。
11時
事務より14時接種開始予定の連絡あり。
医師から連絡後20分位で到着するとの事なので詳しい時間は未定
12時50分
対応のため早めに休憩入る
13時30分
今日接種の高齢者移動のため居室訪問するが同僚が先にやってくれておりもぬけの殻だった。
Sさんの部署のすぐ隣廊下スペースがSさん接種場所とのこと椅子を数列並べ先生の前に順次座る方式で配置されている。
13時後半
一向に医師から連絡来ないため部署が近いSさんは直前までこきつかわれたとのことw
事前体温はお陰様で36.8度に上昇とのこと。
14時20分
先生到着。未接種の高齢者を先に打ってもらう。
椅子に座り左肩を出した状態で待つ
14時35分
ファイザー製ワクチン接種。
ワクチンは装填してあり順次注射あっという間に終わる。
左肩付け根より3指程下あたりに注射。痛みはそうでもない。
押さえると寧ろ少し痛みがある。
15分安静との事なので椅子に座り前方時計とにらめっこ。
一列に並んでみんな時計とにらめっこw
15分後直前
多分みんな心の中でカウントダウンしていると思う
15分後
バラバラとみんな解散してゆく。
Sさんは本日接種の自部署高齢者を自室にベッド移動する作業する←15分たったら全然安静でなくなるw
その後机椅子やレイアウトを戻し業務日誌を入力後帰宅する。
17時
帰宅途中の運転時から腹筋に筋肉痛というか便が出る前の違和感というかそんな鈍痛が発生。違和感程度で力仕事のせいとも考えられる。
18時
肩を上げると注射した左肩が痛む。筋肉痛レベル。
筋注射による炎症なのでコロナワクチンに限った事ではない
19時
肩の痛み増すものの筋肉痛レベル変わらず。
友人より「ワクチンで196人も死んでる。怖い」とline来る。
なんというタイミング。
「私も接種した。俺も明日死ぬ」と返信。
友人「どっか痛い」
「痛み止め打ってないので全身痛くてのたうつ」と大げさに返信。
友人
「じゃあ明日死ぬね」
「痛み止め使っていいんだ。俺は使お」
・・・少し心配しろや。
21時
特に異変もないので40度にした風呂に入ってみる
出浴後眠気に襲われ寝落ち。
2時
目が覚め布団へ

6月11日
紆余曲折したが予定通り接種したため休日を頂けた
体温36.3度 気温20度だが日中30度にあがるらしい。
腕の痛みは昨日と同程度で動かすと痛みが出る。
特に腕を肩より上にあげると痛い。
6月12日
体温36.5度。「働きたくない…」倦怠感!いやいつものことか。
腕の痛みかなり弱くなる。気を取られれば忘れる程度に。
6月13日
体温36.3度。腕の痛みはなくなる。
気温が28度室内30度近くになることが多くなってきた。
空調工事でクーラー切り替えはまだ先とのこと。
扇風機や窓で対応。汗だくで意識朦朧&疲労感。
高齢者は「寒い」と言うが室温26度、多分風を感じてそう言っているのだと思う。
窓を閉めましたよ~と納得してもらいつつドアは開け暖簾下すなどで対応。
空気入れ替えでコロナ対策にはなるがSはヤバイ。

6月18日
奥歯の当りが悪く虫歯が進行しているとの事で親知らず「抜歯」抜いた跡は糸で縫う
痛み止めロキソニン3回分、細菌抑える薬3日分貰った
ワクチンと薬の影響聞くが少量で短期なので問題ないだろうとのこと。
詳しくはわからないんだろうなと言うのが正直な感想。

6月25日
今度は「抜糸」ややこしい。
歯の痛みの方が半端ないっ。
痛み止めはワクチン接種に影響ないようにさっさと使ってしまった。
7月1日第2回目接種日
6時
起床 体温36.3°
8時
施設高齢者ワクチン接種対応の為1時間早く出社せよとのこと
渋滞時間にあたる…
9時
出社。前倒しで入浴介助、特浴3人対応。汗で視界が…
11時30分
昼食介助
12時30分
予定前倒しで作業しなければならず休み時間入れず。周りから「早く休みは入れー」と言われる。げふっ
12時50分
休憩、昼食。疲れすぎてジュースこぼす
13時30分
例の如く列状の椅子に座り医者の到着連絡を待つ。
13時40分
例の如く連絡なく部署近くのため
「ユニット戻ってすぐに終わる作業してていいよ。ポルシェ見えたら戻ってきて~」と言われる。
いや戻りたくないんですけど…
日誌や各種書類入力と作成する。
14時
医者到着連絡。「あっポルポルが外に見える」
高齢者接種終了後接種開始。袖を上げる際、腕が引っ張られる「腕を下げて下さいと言われる」
1回目より慣れたか針を見ながらでも痛くない。
前回押さえたら痛みが早く出たような気がするので今回はほったらかし。
14時30分
15分のボーっとタイム
13時45分
通常業務に戻る。
リネン交換と掃除と水回り清掃2室、夕食介助、移乗介助、水分補給、居室対応、排泄介助普通にやる
ポカリスエットを飲むと効果があるという都市伝説に頼り飲んでみる。
仕事で麻痺しているのか痛み、体調変化全くなし。ただ眠い
19時
業務終了…だけど1時間早く来てるから1時間残業と同じ。普段より長い
20時
帰宅
21時
寝落ち
7月2日
2時
目が覚める。昨日とんでもなく汗かいてるのでこのままではヤバイ。風呂は雑菌の恐れがあるので刺した場所避けてシャワー浴びる。

5時
目が覚めた。軽い頭痛がする…
過労、寝不足、暑さ、脱水、歯の治療
ワクチン以外の原因が多すぎて解らない

7時30分
体温36.9°頭痛が朝より痛い。
熱も普段低いのであるほう。
10時
体温36.3°熱下がるも頭痛続く
12時
気温30度、体温変わらず、頭痛はズキズキ(トクトク?)程度
体温も上がらないので買い物に出る。
外を3キロぐらい歩く。
なにか足が重いな~と思ってしばらくすると
全体的に風邪を引いた時のような眠たいときの様な気だるさが
疲れ、暑さの可能性もあるがこれが有名な倦怠感症状だろうか。
14時

体温36.9°
帰宅後爆睡



hiyata at 22:25コメント(3)介護福祉お役立ち情報 

2020年10月18日

ニンニク栽培 栽培∞ループで倍返し

IMG20201017105522
↑10月植え10月17日現在の臭いがすぐとれるけど風味があるとか言う大蒜

プランターで育てる時は
大きめのプランター(お勧め25cm以上の深さ)と野菜培養土と肥料を用意
地面の場合、中和と畝たてという作業をすればベター
面倒ならせめて周辺を掘り返して土と空気を混ぜて下さい。

9〜10月鱗片(バラバラにしたニンニク1欠片)を
15cm間隔で尖っている方を上にして浅めに頭が完全に埋まるように植える
薄皮は向いた方が良いが傷つけたり面倒ならそのままでも可能です
風通しのよい日なたに置きましょう

IMG20201020110529-01
1~3週間でツノのような芽が出ます。

過湿になると鱗片が腐るので
乾かし気味に管理(重要
特に冬越し中は過湿にならないよう水やりに注意
冬場は南向きの軒下などに置き、乾かし気味に管理するのがベター
外の地面に植えてあれば気候にもよりますが雨だけでも育ちます

マルチシートを敷けば保温や雑草よけになります。


発芽後肥料を撒いてください

同じ場所から何本も出てる時は抜いて一本にしてください(重要
ここで大きく育てようとあせる必要ありません
寒さの前に大きく育てると「とう立ち」をおこしやすくなります。

3月ごろ(暖かくなったら)株元に適量の肥料

5月ごろ、真ん中から蕾がつく茎が出てきます。
早めに蕾茎を切っておきましょう(重要
伸びてきてから1〜2週間を目安に収穫すると
これが「ニンニクの芽」です。

5~6月、葉が3割枯れたら抜いて収穫。
晴天で土が乾いている時にすると保存がしやすく作業も楽です。

収穫した鱗茎を風通しの良い日影でみかんネット保存し9〜10月に植えつけるとまた生えます。
傷んだり、ウイルスに侵されている見かけの悪い物はやめましょう。

比較的丈夫で簡単ですお楽しみに育ててみてください。
コツは乾かし気味で育てることです



hiyata at 20:31コメント(2)園芸お役立ち情報 

2020年10月03日

お知らせ 「まとめ 福祉介護マンガ、ドラマ、映画」に追加しました

hiyata at 15:13コメント(0)介護福祉お役立ち情報 

2020年09月25日

(自家製納豆)100%ワラ納豆 菌は何時間でつく?

IMG20200919163511-01
ヨーグルトメーカーに入れて6時間後
変化は感じられません。

IMG20200920084455-01
一晩立ちました。
22時間後。

白い膜ができてます
部屋中臭くなるかと思いましたがそんなこともなく出来ました。

ちなみにこのワラ洗って殺菌すればまた使えるそうです
大豆もまだまだ余っています
藁も再利用できると全く減りません

旦飯野神社から貰った少量の稲穂からベビーバスで作った神米
脱穀後余った藁から作った神納豆

完成です

あとの問題は味だな



お願い!!ランキングアップのためポチッと

便利!LINE使用者、ブログリーダーで更新がラインで通知(チンコーン)されます


hiyata at 18:00コメント(2)園芸お役立ち情報 

2020年09月24日

(自家製納豆)帽子をかぶったヨーグルトメーカーです 設定編

CollageMaker_20200919_205437912

水煮大豆を殺菌し忘れた私…
袋から始めて出したので雑菌は少ないとは思いますが
藁が冷えてしまい全体的な温度も下がってしまいました

牛乳パックから出たワラはハサミで切り
口を開けたままヨーグルトメーカーにセット
温度45度で36時間設定にしました
大量の水が出るので湯気と水分を採るタオルを掛けます

デザインのせいか何というかお地蔵さんのような感じでかわいい

お願い!!ランキングアップのためポチッと

便利!LINE使用者、ブログリーダーで更新がラインで通知(チンコーン)されます



hiyata at 18:00コメント(0)園芸お役立ち情報 
これからも応援お願いします。
人気ブログランキング

ポチッと。1票お願いします

対応履歴
Googleに登録/youtubuリンク

更新通知(便利です)
ブログリーダー Feedly
LINEで更新通知(QRよむと案内)
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • ニンニク栽培 栽培∞ループで倍返し
  • ニンニク栽培 栽培∞ループで倍返し
  • (自家製納豆)100%ワラ納豆 菌は何時間でつく?
  • (自家製納豆)100%ワラ納豆 菌は何時間でつく?
  • (自家製納豆)帽子をかぶったヨーグルトメーカーです 設定編
  • (自家製納豆)雑菌を入れずに熱いうちにやる!調理編
  • (自家製納豆)コロス 超重要!殺菌編
  • (自家製納豆)納豆増殖計画!神米のワラどうする?
  • (稲作)精米ー白いお米を求めて
  • ライブドアブログ